人民コミューン連邦(仏:Fédération des Communes Populaires)は、フランス・コミューンバスク・コミューン管区アンドラ・コミューン北アフリカ・コミューン連合社会主義共和国ナイジェリア人民コミューン自治区西アフリカ社会主義コミューン共和国からなる連邦である。
国土
国旗
国家元首人民コミューン
通貨フラン
公用語フランス語、スペイン語、エスペラント語
首都パリ
総人口8000万人
国歌コミューンのマルセイエーズ
国の標語人民の平等を阻む者には死を!
国家方針世界社会主義革命
工業力大規模
選挙あり
宗教無神論
核兵器の保有はい(ユ連からの密輸)
議会あり

歴史

フランス連邦(王政)結成まで(復古フランス王国)

フランス王国の滅亡と復活

階級問題を乗り越えろ!

降りかかる財政難

新王VS議会

五国協商に加盟!

新たな領土、広がる格差

チュニジアとの戦い

大中央帝政連合との休戦

フランス連邦(王政)結成から共和政移行まで

オスマン帝国との闘い

王の死、新王の即位

議会と王の対立

泥沼の内戦、その先にあるものとは

王国の崩壊

フランス連邦(共和政)の歴史

王政の打倒

国内の整備

スペイン内戦への介入

イベリア大反乱

第一次世界大戦での激闘

平和の先に待ち受けるものとは

トルコ人の王

ド・ゴール暗殺

共産党の支配

植民地統治の限界

モーリス・トレーズ

人民コミューン連邦の歴史

人民コミューン連邦宣言

コ連の初期政策

国内情報

地方行政区分

国土

コミューン
コミューンは、主にヨーロッパのフランス語圏に設置される行政単位である。
コミューン管区
コミューン管区は、主にヨーロッパの非フランス語圏に設置される行政単位である。
コミューン共和国
コミューン共和国は、主に北半球の非ヨーロッパ地域に設置される行政単位である。
コミューン自治区
コミューン自治区は、主に南半球に設置される行政単位である。

農業

小麦、大麦、なつめやしを栽培している。
特になつめやしは輸出も盛んで、世界各国で人気がある。

資源

国内では天然ガス、石油、その他地下資源がかなり取れる。(現在同盟国へ輸出中)
また、水産資源も豊富であり、地中海での漁は順調に進んでいる。

外交

主に関わりがあるのはこれらの国である

バルト連合公国

大麻を中心とした貿易で儲けている国であり、現在我が国と最も敵対している国である
その軋轢はフランス連邦結成当時からあり、我が国の治安維持部隊(意味深)が大麻を積んだバルト船を燃やした事が原因らしい。(詳しくはWorld Newsを参照)

治安維持部隊は至極真っ当な事をやっているだけなので我が国に非は無いが、国際世論では我が国が不利である。

ノヴゴロド公国

王国時代はマルセイユにノヴゴロド専用商業事務所が出来るほど友好的な関係だったが、与党となったフランス共産党がこれの財産を没収したため、関係は著しく悪化してしまった。

大ルーシ合衆国

大ルーシ合衆国
かつてロシア・ツァーリ国の時代は禁輸措置を取られており、対立が激化していた。
戦後は不可侵条約を結ぶなど関係が改善し、ロシアと全体主義との戦争では、ロシアに義勇兵としてラ・マルセイエーズ旅団が派遣されている。

大日本帝国

カルタゴ帝国

テュルク=ペルシア二重連邦

インド共和国

スペイン共和国

ユーラシア連邦

軍隊

現在軍備復興計画が準備中

陸軍

大戦前


大戦後


海軍

大中央帝政連合から送られたフランクフルト級戦艦1番艦「フランクフルト」はスペイン内戦の影響で沈没したため、国産のドーフィネ級巡洋艦2隻、インド共和国から送られた重巡洋艦4隻、オスマン社会主義人民共和国スペイン共和国から送られた駆逐艦6隻からなる小艦隊が現状の海上戦力である。

ノヴゴロドに発注した「ノルマンディー」と「ル・アン」が加わる。

空軍

大中央帝政連合がライセンス生産を許可したため、現在は大中央帝政連合製の航空機を生産中。
大戦中も生産し続け、フランス空軍は世界屈指の空軍国にのし上がった。
現在、戦闘機3000機、雷撃機50機を保有中。

外部リンク

ニチソビのTwitter→>https://twitter.com/NipponSoviet
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家群

東・東南アジア及び太平洋

南・西・中央アジア

南米

歴史消滅国家群

各国の政府組織

各国の軍隊

空軍

各国の組織・企業等

同盟群

地域同盟

広域同盟

解消した同盟

戦争

テロ組織一覧

コミンテルン加盟国

掲示板

メンバーのみ編集できます