管理人:グロタンディーク(@grothendieck__)

注意:これは旧フランス連邦です
フランス連邦(仏:Fédération française)とは、復古フランス王国チュニジア、ペルー王国からなる連合国家。

首都パリ
国家元首ロベール5世→アンリ7世
国家方針立憲君主制
総人口2000万人
工業力中規模

歴史

オスマン帝国との闘い

王の死、新王の即位

議会と王の対立

泥沼の内戦、その先にあるものとは

王国の崩壊

国内情報

※注意:ここにかいてある内容はフランス連邦になる前の情報です。

公用語

フランス語、スペイン語

通貨

通貨には旧フランス王国から引き継いだ【フラン】が使われている。

国内資源

国内では天然ガスと石油、その他地下資源がたくさん採れる。
天然ガスを利用した火力発電を電力の要としており、石油は同盟諸国に輸出している。

ペルー地域併合後は更に地下資源が増えたため、輸出で莫大な収益を上げている。

工業

主に沿岸部に工場がある。

農業

小麦、大麦、なつめやしを栽培している。
特になつめやしは輸出も盛んで、世界各国で人気がある。

外交

五国協商から脱退。大中央帝政連合と休戦した。

軍隊

陸軍

戦時下には歩兵師団が26師団、機甲師団1師団が用意されていたが、今は軍縮が議会で可決されたため歩兵師団10師団の運用が限界である。

海軍

大中央帝政連合から送られたフランクフルト級戦艦1番艦「フランクフルト」、ドーフィネ級巡洋艦2隻、駆逐艦6隻からなる小艦隊を保有している。またノヴゴロドに発注した「ノルマンディー」と「ル・アン」も加わる。

空軍

大中央帝政連合がライセンス生産を許可したため、現在は大中央帝政連合製の航空機を生産中。
現在、戦闘機100機、雷撃機50機を保有している。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家群

東・東南アジア及び太平洋

南・西・中央アジア

北米

南米

東アフリカ

同盟群

地域同盟

広域同盟

解消した同盟


戦争

メンバーのみ編集できます