バルト連合公国(ラトビア語:Baltijas hercogs)は東欧に存在する君主主義国家である

(国旗)                 (国章)
首都リガ
国家元首アドルフ・フリードリヒ公→ヴォイツラヴァ=フェオドラ公
宰相レナルト・メリ
与党第一党連合民主党
国歌我が故国、我が誇りと喜び
国家方針封建制君主主義→議会制君主主義、資本主義、積極的平和主義
総人口1590万人
工業力中程度
通貨バルト・マルク

概要

1918年、ロシア占領下のバルト国民の独立機運が高まりドイツ、ノヴゴロド等の支援を受けて独立。国家元首はドイツの名家、メクレンブルク家のアドルフ・フリードリヒ公に任命した。一時は戦争状態になるかと思われたがフリードリヒ公の外交的話術により白紙講和に持ち込むことに成功。その後に同じロシアから独立した白ロシアと合併し、第一次世界大戦によりドイツが喪失したポーランドを獲得し現在の領土となった。その後は大麻戦争や第二次世界大戦等、何度か戦争になったこともあったがその度フリードリヒ公の外交的話術により単独講和等に持ち込むことに成功している。1969年にアドルフ・フリードリヒ公が崩御したことで王女のヴォイツラヴァ=フェオドラ公が国家元首となった。翌年の1970年にフェオドラ公が建国以来初の憲法改正をし、民主化に成功。第一回バルト議会選挙では連合民主党が勝利、エストニア州出身のレナルト・メリが首相に就任。

文化面では大麻が合法化しており、それによって1960年代からはヒッピーと呼ばれる若者が急増した。

地理

エストニア・ラトビア・リトアニア・ベラルーシ・ポーランドの5つの州があり、それぞれの州に異なった地方行政区分がある。
州旗州都地域区分
エストニアタリン
ラトビアリガ基礎自治体、直轄市
リトアニアヴィリニュス
ベラルーシミンスク総督州
ポーランドワルシャワ

産業

農業

バルトは大麻が合法化されているため大麻栽培が盛んであり、隣国のノヴゴロドやロシアに輸出などもしている。他には小麦、ジャガイモ等も栽培が盛んである。

工業

工業は中規模であり、木材加工や金属等の産業が主要である。またここ数年はIT産業に世論が注目しており、これからは主力になっていくのではないかと注目されている。

商業

商業は文化産業や観光業が盛んであり、中でもエストニア州の州都タリンは東欧の文化的中心地ともいわれている。

外交

大日本帝国連邦ドイツ国?とも友好関係を持っており、ノヴゴロド公国とは同盟を締結している。なおバルト連合公国は国家として唯一大麻を合法化しているためそれに反感を持った国家が外交的友好関係を積極的にはもたないというケースもたびたびある。(例:フランス、ロシア)またカルマル連合とは昔友好関係をもっていたが、1948年に自由主義連合?に加盟したのを皮切りにそれ以降友好関係を徐々に持たなくなった。

軍事

バルト連合公国は平和主義の観点から現在軍隊を持っていないが、国防の観点から軍としては中規模のバルト連合防衛隊が設置されている。

このページへのコメント

できとるとね?🇪🇪🇱🇻🇱🇹🇧🇾バルトつおい!

1
Posted by かず 2020年07月10日(金) 20:47:15 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家群

東・東南アジア及び太平洋

南・西・中央アジア

南米

歴史消滅国家群

各国の組織・企業等

同盟群

地域同盟

広域同盟

解消した同盟

戦争

テロ組織一覧

コミンテルン加盟国

掲示板

メンバーのみ編集できます