ノヴゴロド公国(露:Новгородского княжества)は東欧に位置する貴族共和制国家である。首都はノヴゴロド。

首都ノヴゴロド
国家元首スヴェトラーナ女公
国家方針貴族共和制 反共主義
総人口4,001万人
工業力中程度

概要

1136年の建国から300年近くは独立を守っていたがモスクワ大公国に傀儡化され時が過ぎた。傀儡化された後シュピンツヴィルゲン島の探検やノヴャヤゼムリャの探検などの活動や貿易をして軍事や一部利権などをモスクワ/ロシアに献上をしていた。1917年にモスクワ大公国の後継国ロシアで二月革命が発生、この気にロシア皇帝のロマノフと交渉し亡命を受け入れる代わりに独立した国である。そしてロマノフ家の亡命を受け入れたことにより大中央帝政連合の支援を受けることが出来た。また、ロシア革命時にロシア帝国のロマノフ家や様々な貴族の亡命先にもなった。

政府

行政

公を頂点とする内閣がある。
公直属国家安全警察局ルドルフ・ジェトコヴァ長官
外務系外務省ルドルフ・ストリャロフ尚書
外務調査局ミハイル・キルピチニコフ局長
内務系内務省ローベルト・カトレンコ尚書
財務金融庁エリザヴェータ・パーリナ長官
税務庁ロジオン・カラスチン長官
環境庁トキリーナ・ニポニア尚書
国内治安
維持警察隊
プローホル・ボスホロフ幕僚長
警察庁ヴラジスラフ・アントネフ総監
消防庁キール・グロムシキン長官
国立研究所タキオスカヤ・アクロヴァ所長
内務省医療部クリメント・モイセーエンコ長官
法務系法務省トリーフォン・ヴォスコヴェツキー尚書
検察庁ピョートル・コシュキン長官
特許庁チムール・ヴィウチェイスキー長官
交通系交通省イリヤ・カルボフスキー尚書
鉄道庁イサイ・シシュキン長官
道路庁グラフィーラ・アバカロヴァ長官
逓信庁ロスチスラフ・タラセンコ長官
郵政系郵政省アントン・クラミン尚書
教育系文部省ジーナ・プロトコポヴァ尚書
科学庁
運動庁イネッサ・ネムツォヴァ長官
軍務系軍務省ラーヴル・コルニーロフ尚書
海軍プロラデューク・ヒラサワ元帥
陸軍コンドラート・ジェメンコフ元帥
装備研究庁ダニイル・ラッソロフ長官
ノヴゴロド
造兵廠
アントニン・クージン長官
ノヴゴロド
機関銃局
ベルーゼロ
ロケット開発局
アルハンゲリスク
機関砲開発局
東スラヴ
機関開発局
ノヴゴロド
国営航空機開発局
ノヴゴロド
レーダー開発局
艦船設計局チハーニン・バクシンスキー局長
経済系経済省シャカルスカヤ・エフレモヴァ尚書
商業省
第二次・三次
産業系
産業省
電気庁
資源庁
第一次産業系一次産業省
農業庁
水産庁ピングビン・ジャイエント尚書
林野庁
厚生系厚生省
国民保険庁
建設系建設省
海洋調査庁

立法

貴賎問わない議員の所属する民会による一院制である。2年に1度民議員は選挙による入れ替えをし、貴族議員は半永久的に入れ替えをしない。

司法

ノヴゴロド(都市)に位置する大裁判所が司法府最高に位置する。

内政



18個の州と1個の特別市、17個の伯領がある
特別市ノヴゴロド市
州名州都
1.ノヴゴロド州ノヴゴロド市
2.ネヴァ州ネヴァ市
3.ウスタイグ州ウスタイグ市
4.ペトロザボーツク州ペトロザボーツク市
5.ロクショグラード州ロクショグラード市
6.カンダラクシャ州カンダラクシャ市
7.ムルマンスク州ムルマンスク市
8.ピャリツァ州ピャリツァ市
9.ベルーゼロ州ベルーゼロ市
10.アルハンゲリスク州アルハンゲリスク市
11.スノパ州スノパ市
12.メタニスク州メタニスク市
13.オスコルコヴォ州オスコヤルヴォ市
14.ハリヤギンスキー州ハリヤギンスキー市
15.ウスチ=ウサ州ウスチ=ウサ市
16.ノヴァヤゼムリャ州ノヴャヤゼムリャ市
17.シュピンツヴィルゲン州シュピンツヴィルゲン市
18.ギニアビサウ州ビサウ市
伯領伯領名
ロマノフ伯領明紫
ヒラサワ伯領ピンク
カブトフ伯領青紫
クワガコフ伯領薄青
ニポニア伯領雄黄色
ジャイエント伯領暗緑
カベルニフ伯領ナイルグリーン
アントネフ伯領
ドミトフスキー伯領黄緑
セナトロフ伯領茶色
カトレンコ伯領暗褐色
ノスコーフ伯領空色
キルピチニコフ伯領水色
ファトクーリン伯領
シゾフ伯領草色
ボスホロフ伯領白百合色
コレスニコフ伯領ツツジ色

外交

バルト連合公国と同盟を結んでいる。また独立支援をしてくれた縁の大日本帝国とも友好であり、武器兵器の輸入先である。ロシアとも現在は友好である。

栄典

ノヴゴロド最高勲章
海軍英雄勲章
陸軍英雄勲章
公国果敢勲章
公国兵士勲章(俗に戦死章とも)
大商人勲章
商人勲章
公国科学勲章
公国文芸勲章

貴族家

ノヴゴロド公国に於いては栄典と共に爵位を送られる場合がある。その為男爵位や果ては侯爵なども年々増加している。爵位の順としては侯爵=地方伯爵<伯爵<子爵<男爵の順である。また女-爵があるが、これはノヴゴロド新貴族制発布時に生まれた女性が家主となった場合の名称、世界でもノヴゴロドのみである。公爵は基本的に役職名になる為に別の物となる。ノヴゴロドに於いては以下には有名な家を挙げる。
侯爵クニャジスラヴァ家
ウィーケル家
シュルプリツ家
エル家
ゴロヴォイニャド家
オシェンハラショ家
ルニースヴィエト家
プロディヴィアチ家
シャスティエ家
ボルショイ家
地方伯ヒラサワ家
カブトフ家
クワガコフ家
ニポニア家
ジャイエント家
カベルニフ家
アントネフ家
ドミトフスキー家
セナトロフ家
カトレンコ家
ノスコーフ家
ギルピチニコフ家
ファトクーリン家
シゾフ家
ボスホロフ家
コレスニコフ家
伯爵アレクセーエフ家
チェスノーコフ家
シェレメチェフ家
セメンチェンコ家
スィスエフ家
子爵シャプキン家
プガエフ家

軍事

陸軍

ノヴゴロド公国陸軍
中小規模の歩兵主体陸軍を有する。また戦車も保有してはいるがあまり数はない。

海軍

ノヴゴロド公国海軍
中規模ながらに海軍があるが主要的な活動場所が北極海、またはバルト海な為に砕氷機能を載せれる最小艦船が軽巡な為、駆逐以下の艦種が存在しない。

陸軍航空隊

中規模な戦闘機20機程、偵察機5機程で構成された直協航空部隊を数個保有する。

外部リンク

管理者:チハ改(https://mobile.twitter.com/chiha_is_cute

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家群

東・東南アジア及び太平洋

南・西・中央アジア

南米

歴史消滅国家群

各国の組織・企業等

同盟群

地域同盟

広域同盟

解消した同盟

戦争

テロ組織一覧

コミンテルン加盟国

掲示板

メンバーのみ編集できます