バクー条約機構とは、主にカスピ海における権益を調整するための地域同盟である。国際情勢の波に呑まれ大きく変貌しながらもその本質的な意義を常に堅持してきた。
名称バクー条約機構
同盟提唱国中央アジア連邦
リーダー国テュルク=ペルシア二重連邦
参加している国テュルク=ペルシア二重連邦
ロシア・ツァーリ民主共和国連邦
参加していた国ペルシア連邦民主人民共和国
オスマン社会主義人民共和国
オスマン民主共和国
自由トルコ民主共和国
中央アジア連邦
イスラーム・トルコ共和国
トルキスタン=ペルシア二重連邦

1939年頃まで

概要

カスピ海沿岸の(元)社会主義国3カ国の同盟である。

同盟の内容

各国は各々の内政・外交方針には干渉しないこととなった。
参加国が対外戦争を起こす際も報告義務はないが、
一対多数の戦争における援助義務などは設定できなかった。

対外方針

ペルシア連邦民主人民共和国オスマン社会主義人民共和国はそれぞれ対外拡張策を採っていたが、同盟全体としての対外拡張は行っていない。

1940年〜

概要

カスピ海沿岸の3カ国の同盟である。

同盟の内容

国際関係の変遷により、同盟は形骸化していた。

対外方針

特に決定されていない。

1945年〜

概要

カスピ海に利権を有する2カ国の同盟である。

同盟の内容

第一次世界大戦の終結をもって正式に公表された新たな同盟である。
自由トルコ民主共和国がバクーに港湾施設を有することが認められ、石油利権の一部も譲渡された。

対外方針

2カ国ともボリシェヴィキを仮想敵としており、テュルク民族としての同胞意識も手伝い強固な同盟関係が築かれている。

1948年〜

概要

1948年革命によって誕生したロシア帝国が招待され参加した。カスピ海に利権を有する2カ国の同盟である。

同盟の内容

カスピ海資源の共同管理が決定された。

対外方針

二カ国間には不可侵条約が締結されている。

外部リンク

同盟提唱者:ふぉらす(https://twitter.com/phosphorus2055T)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家群

東・東南アジア及び太平洋

南・西・中央アジア

南米

歴史消滅国家群

各国の組織・企業等

同盟群

地域同盟

広域同盟

解消した同盟

戦争

テロ組織一覧

コミンテルン加盟国

メンバーのみ編集できます