管理人:グロタンディーク(@grothendieck__)

ネーデルラント民主共和国は、南ネーデルラント地域に成立した共和制国家である。自由ベネルクス共和国からカルマル連合に割譲された領域を領土としている。トロツキーの暗殺によって事実上解体したロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の実質的後継国として機能している。カルマル連合の軍事基地が存在する。コミンテルン加盟国。現在はフランス領ベネルクスとなっている(1959年2月、ユーラシア連邦領に復帰。)
正式国名ネーデルラント=ベネルクス評議会民主連邦共和国
首都ハーグ
国家元首ベネディクト・フェル・デ・クラーク連邦議長
通貨ユーロ
議会与党ベネルクス共産党

概要

ユーラシア連邦に加盟する自由主義・社会主義国家である。カルマル連合軍の軍事基地や、ユーラシア連邦軍のミサイル基地が存在する。風車や魚介料理などが有名で、観光業が盛んである。

歴史

ネーデルラント独立戦争まで

ローマ帝国の時代からゲルマン人とラテン人の境界にあったネーデルラントでは、支配者が絶えず入れ替わり、政治権力が強くならない一方で、交易拠点として発展し、極めて大きな経済規模を有していた。スペイン=ハプスブルク朝も従来通りの統治を行なっていた。だが、カルロス1世の治世からカトリック強制や重税が課されるようになり、住民は強く反発。プロテスタント信仰を認める要求を行ったのちに、ネーデルラント側はホラント州を中心に独立宣言を行った。

政治

連邦議長

連邦首相

議会上院

議会下院

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家群

東・東南アジア及び太平洋

南・西・中央アジア

北米

南米

東アフリカ

同盟群

地域同盟

広域同盟

解消した同盟


戦争

メンバーのみ編集できます