追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

中華民国軍は、[[中華民国]]の有する正規軍。

*陸軍
各軍閥や共産党との対立が先鋭化していた1920年代は総兵力150万人、歩兵130個師団を誇る世界有数の規模の地上軍を保有していた。
その後縮小するも現在軍拡中
各軍閥や共産党との対立が先鋭化していた1920年代は総兵力150万人、歩兵130個師団を誇る世界有数の規模の地上軍を保有していたが、現在はその規模は縮小されている。
**組織
中華民国軍は歩兵50個師団、騎兵7個師団、戦車10個師団より成る。50個のうち22個の歩兵師団は通称号として駐屯する省の一文字略称を使用する。
中華民国軍は歩兵24個師団、騎兵4個師団、戦車4個師団より成る。24個のうち22個の歩兵師団は通称号として駐屯する省の一文字略称を使用する。
[+]歩兵師団一覧
-守衛師(衛戍地:北京、通称号:民)
-第1師(衛戍地:北京、通称号:京)
-第2師(衛戍地:天津、通称号:津)
-第3師(衛戍地:上海、通称号:滬)
-第4師(衛戍地:重慶、通称号:渝)
-第5師(衛戍地:武漢、通称号:鄂)
-第6師(衛戍地:蘭州、通称号:隴)
-第7師(衛戍地:西安、通称号:陝)
-第8師(衛戍地:広州、通称号:粵)
-第9師(衛戍地:石家荘、通称号:冀)
-第10師(衛戍地:済南、通称号:魯)
-第11師(衛戍地:成都、通称号:蜀)
-第12師(衛戍地:長沙、通称号:湘)
-第13師(衛戍地:南京、通称号:蘇)
-第14師(衛戍地:太原、通称号:晉)
-第15師(衛戍地:鄭州、通称号:豫)
-第16師(衛戍地:昆明、通称号:滇)
-第17師(衛戍地:合肥、通称号:皖)
-第18師(衛戍地:杭州、通称号:浙)
-第19師(衛戍地:貴陽、通称号:黔)
-第20師(衛戍地:南寧、通称号:桂)
-第21師(衛戍地:南昌、通称号:贛)
-第22師(衛戍地:福州、通称号:閩)
-第23師(衛戍地:大同、通称号:毘)
[END]
[+]騎兵師団一覧
-騎兵第1師(衛戍地:漢陽、通称号:嵐)
-騎兵第2師(衛戍地:寧波、通称号:鄴)
-騎兵第3師(衛戍地:張家口、通称号:梢)
-騎兵第4師(衛戍地:宝鶏、通称号:戎)
[END]
[+]戦車師団一覧
-裝甲第1師(衛戍地:洛陽、通称号:鐵)
-裝甲第2師(衛戍地:塘沽、通称号:擊)
-裝甲第3師(衛戍地:敦煌、通称号:邊)
-裝甲第4師(衛戍地:玉門、通称号:蘭)
[END]

**編制
***歩兵連隊
|第蟻臑|>|>|>|兵員920、小銃512、無反動砲48、軽機関銃48、重機関銃16、擲弾筒48~~兵員輸送車4、軽駆逐戦車8、自走無反動砲16|
|^|第1中隊|>|>|兵員200、小銃128、無反動砲12、軽機関銃12、擲弾筒12|
|^|^|第1小隊|>|兵員48、小銃32、無反動砲3、軽機関銃3、擲弾筒3|
|^|^|^|第1分隊|分隊長、小銃兵8、無反動砲兵2(無反動砲1)、軽機関銃兵1|
|^|^|^|第2分隊|分隊長、小銃兵8、無反動砲兵2(無反動砲1)、軽機関銃兵1|
|^|^|^|第3分隊|分隊長、小銃兵8、無反動砲兵2(無反動砲1)、軽機関銃兵1|
|^|^|^|第4分隊|分隊長、小銃兵8、擲弾兵3|
|^|^|第2小隊|>|兵員48、小銃32、無反動砲3、軽機関銃3、擲弾筒3|
|^|^|第3小隊|>|兵員48、小銃32、無反動砲3、軽機関銃3、擲弾筒3|
|^|^|第4小隊|>|兵員48、小銃32、無反動砲3、軽機関銃3、擲弾筒3|
|^|^|>|衛生分隊|兵員8|
|^|第2中隊|>|>|兵員200、小銃128、無反動砲12、軽機関銃12、擲弾筒12|
|^|第3中隊|>|>|兵員200、小銃128、無反動砲12、軽機関銃12、擲弾筒12|
|^|第4中隊|>|>|兵員200、小銃128、無反動砲12、軽機関銃12、擲弾筒12|
|^|機関銃中隊|>|>|兵員輸送車4、兵員40、重機関銃16|
|^|^|第1小隊|>|兵員輸送車1、兵員10、重機関銃4|
|^|^|第2小隊|>|兵員輸送車1、兵員10、重機関銃4|
|^|^|第3小隊|>|兵員輸送車1、兵員10、重機関銃4|
|^|^|第4小隊|>|兵員輸送車1、兵員10、重機関銃4|
|^|対戦車中隊|>|>|軽駆逐戦車8、自走無反動砲16、兵員80|
|^|^|第1小隊|>|軽駆逐戦車8、兵員32|
|^|^|第2小隊|>|自走無反動砲8、兵員24|
|^|^|第3小隊|>|自走無反動砲8、兵員24|
|第饗臑|>|>|>|兵員920、小銃512、無反動砲48、軽機関銃48、重機関銃16、擲弾筒48~~兵員輸送車4、軽駆逐戦車8、自走無反動砲16|
|第径臑|>|>|>|兵員920、小銃512、無反動砲48、軽機関銃48、重機関銃16、擲弾筒48~~兵員輸送車4、軽駆逐戦車8、自走無反動砲16|
|戦車大隊|>|>|>|軽戦車2、歩兵戦車12|
|歩兵砲大隊|>|>|>|歩兵砲12、運搬車8、人員160|
|^|第1中隊|>|>|歩兵砲4、人員48|
|^|第2中隊|>|>|歩兵砲4、人員48|
|^|第3中隊|>|>|歩兵砲4、人員48|
|^|>|弾薬小隊|>|運搬車8、人員16|
**装備
[[大日本帝国連邦陸軍の装備品>大日本帝国陸軍の兵器一覧]]をライセンス生産したものが使用される。
([[中華民国兵器一覧]])

-歩兵装備
--歩兵小銃
---十式自動小銃…予備含め23万丁
---九五式自動小銃…40万丁程度(旧式化の為実戦配備なし)
---三八式歩兵銃…60万丁程度(同上)
---漢陽八八式歩槍…90万丁程度(同上)
---69式自動歩槍(AK-47)…100万丁程度
--軽機関銃
---九六式軽機関銃…6万丁程度(旧式化の為実戦配備なし)
---ZB26軽機関銃…8万丁程度(同上)
---Нпб-1956軽機関銃…2万丁程度
--重機関銃/汎用機関銃
---一六式汎用機関銃…予備含め5,800丁
---三式汎用機関銃…800丁程度(旧式化の為実戦配備なし)
---九二式重機関銃…8,000丁程度(同上)
---アサルトリーグニッツAR-52…1万丁程度(コレラ弾対応)
---九三式重機関銃…2万丁程度
--歩兵用軽迫撃砲
---一七式六十粍重擲弾筒…予備含め7,000門
---八九式重擲弾筒…3万門程度(旧式化の為実戦配備なし)
-特殊爆弾
---神経ガス爆弾…34発
-重火器
--野戦榴弾砲
---一三式十五糎榴弾砲…予備含め1,250門
---九〇式野砲…5,000門程度(旧式化の為実戦配備なし)
---九六式十五糎榴弾砲…600門程度(旧式化の為実戦配備なし)
--野戦重砲
---九式二十糎榴弾砲…予備含め200門
---五式十五糎両用加農砲…予備含め200門
--迫撃砲
---一六式十五糎迫撃砲…予備含め60門
--高射砲
---八八式七糎野戦高射砲…200門程度(旧式化の為実戦配備なし)
---九七式高射機関砲…300門
---五式高射機関砲…510門
--対物軽火砲
---九七式自動砲…150門
--放物線運動高爆砲
---コレラ搭載短距離弾道ミサイル…5発
---マスタードガス搭載短距離弾道ミサイル…10発
---サリン搭載中距離弾道ミサイル…10発
-戦車
--豆戦車・軽戦車・騎兵戦車
---九七式軽装甲車改…予備含め400輌
---九八式軽戦車(含派生型)…予備含め130輌
---六五式軽特歩兵戦車マハ…予備含め300輌
---華国軽一鬣狗…予備含め300輌
---九◯式軽戦車…予備含め50輌
---華国騎馬一号赤兎馬…100輌
--中戦車
---華国一号饕餮…予備含め300輌
---華国二号檮杌…予備含め200輌
---三一式日華戦車…15輌
---CA-65B…予備含め100輌
---革命一号…15輌
---労農一号…20輌
---T-70…100輌
---九◯式中戦車…50輌
--重戦車
---六式重戦車…予備含め200輌
---華国重一地震…予備含め150輌
---華国重二裂縫…予備含め200輌
---IS-2…予備含め20輌
---IS-3C暴風虎号…予備含め150輌
---新车…車輌数不明
--自走砲
---短二十糎自走砲ホヘ…予備含め50輌
---短二十厘米自行火砲大象…予備含め20輌
---一八式十五糎自走砲ジハ…予備含め30輌
--駆逐戦車
---華国駆逐砲戦車狍鴞…予備含め200輌
--水陸両用戦車
---特三式内火艇…250輌
---華国水一水虎…100輌
-行進支援車両
--輸送車
---九四式六輪自動貨車…1,000台
---九八式装甲運搬車…3,000台
---カルマルトラック…100台
--野戦炊事車
---九七式炊事自動車…700台
--牽引用車両
---九八式四屯牽引車…500台
---九二式八屯牽引車…600台
--偵察用車両
---九五式小型自動車…1,000台
-航空機
--戦闘機
---全天候型局地戦闘機「旭光」…予備含め360機
---全天候型局地戦闘機「栄光」…予備含め120機
---局地戦闘機「陣風」…420機程度(旧式化の為実戦配備なし)
---艦上戦闘機「烈風」…340機程度(旧式化の為実戦配備なし)
---制空戦闘機「雷光」…予備含め100機
---C-15…予備含め80機
--爆撃機
---陸上爆撃機「天河」改二…予備含め310機
---重爆撃機「飛龍」…310機程度(旧式化の為実戦配備なし)
---攻撃機「雷光」…70機
---重爆撃機「巫山」…10機
--偵察機
---高高度偵察機「暁雲」…予備含め30機
---百式司令部偵察機…75機前後(旧式化の為実戦配備なし)
--輸送機
---七式大型輸送飛行艇…予備含め30機
-海軍艦艇
--巡洋艦
---寧海級軽巡洋艦…寧海、平海
---海天級重巡洋艦…海天
--駆逐艦
---信陽級駆逐艦…信陽、華陽、汾陽、衡陽、恵陽、洛陽、漢陽、咸陽
---安陽級駆逐艦…安陽、南陽、昆陽、貴陽、襄陽、岳陽、鄱陽、當陽
--艇級
---永福級掃海艇…永福、永楽、永吉、永川、永年、永平、永仁、永綏、永善、永済、永清、永城
*海軍
基本的には[[帝国海軍>大日本帝国海軍]]の[[支那方面艦隊>大日本帝国海軍#ChinaFleet]]がシーレーン・制海権の確保と治安維持に当たるため独自の海軍を有さない。

*空軍
歩兵師団に直協する飛行隊を24個有する。1個飛行隊は戦闘機36機、襲撃機24機で構成される。

メンバーのみ編集できます