追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

リベリア民主人民連邦共和国(英:Liberian Democratic People’s Federal Republic)は、アフリカ大陸南西部に位置する社会主義国家である。[[カルマル連合]]率いる[[コミンテルン]]に加盟している。コミンテルンの軍事基地が存在する。

*歴史
1848年、解放奴隷と自由黒人を中心としたアメリカ人たちが、大ロン帝国の植民地を買い取る形で建国。白人の奴隷制廃止論者やムラート、アイルランド人などが入植した。しかし、内陸部の先住民たちとの争いが絶えず、沿岸部のみを実効支配し、選挙権も移民系国民のみ与えられていた。内陸部に支配を行き渡らせようとした結果、戦費が嵩み、民衆の不満が増大。ムラートが主導する形で、1940年6月26日、社会主義化した。社会主義化したのち、人民革命党の一党独裁体制下でようやく、先住民への差別政策をやめ、彼らに軍のポストを用意した。すると今度は、移民系中心の党と先住民優位の軍が対立を始めた。党は危機感を覚え、カルマル連合と連携してコミンテルンに加盟、コミンテルン軍の基地を沿岸部に建設した。これに他国民の流入を嫌う先住民たちが反発。軍に権力を集中させた社会主義政権を作ろうとクーデターを起こし、人民革命党書記長を殺害。人民共和国側はカルマル連合に支援要請をしながらコミンテルン軍基地に逃亡。首都近郊の軍港併設基地のみを支配下に置いた。カルマル連合の短距離弾道ミサイル実験の成功によってリベリア自由国が壊滅。人民共和国の勝利で内戦が終結。軍部統制の甘さや先住民との融和の観点から、リベリア人民革命党内部で民主派と独裁派が対立。カルマル連合型統治体制を目指してコミンテルン重視を掲げる民主派に対し、一党独裁とマルクス・レーニン主義を重視して事実上の鎖国を実施しようとする国内派に分かれて第二次内戦が勃発。民主派はリベリア連邦共和国を建国し、人民共和国首都モンロビアを掌握。
1959年2月17日、リベリア民主人民連邦共和国と改称し、統一選挙を実施した。

*政府
**人民共和国
リベリア人民共和国は、リベリア人民革命党による一党独裁制社会主義国家。マルクス・レーニン主義に基づく統治を行なっている。
人民共和国大統領が元首だが、実権は人民革命党書記長が握っている。軍は存在しない。社会主義共和国側に旧国軍がいる。
|大統領|サミュエル・グレイザー|PRPL|アイルランド系|
|人民革命党書記長|ジョン・グロース|PRPL|自由黒人系|
|首相|サラ・スミス|PRPL|ムラート|

リベリア連邦共和国分裂後の閣僚
|大統領|ナタニエル・ハワード|PRPL|自由黒人系|
|人民革命党書記長|ナタニエル・ハワード|PRPL|自由黒人系|
|首相|クリス・ハリントン|PRPL|自由黒人系|

**自由国
リベリア自由国は、軍人が人民革命党の主導権を握り、社会主義化を進めるべきという勢力が立ち上げた反乱軍の名称。社会主義を掲げているのは先住民の部族主義を根絶するためである。コミンテルン軍基地以外の全土を実効支配している。ほぼ全土を実効支配したため、リベリア自由国と改称した。
リベリア自由国は大統領制国家で、反共軍事政権が統治を行なっている。国軍兵士は教育を受けておらず、人肉食たるカニバリズムが横行し、軍紀を大幅に乱している。
|大統領|マイケル・ドバンバ|反共将校連盟|旧リベリア人民軍大尉|
|首相|マシュー・コロコロブンクム|反共将校連盟|旧リベリア人民軍中尉|

**リベリア連邦共和国
リベリア連邦共和国は、リベリア人民共和国内の民主派が結集した国家。カルマル連合型の直接民主制と共産主義の両立を図る。

|大統領|サミュエル・グレイザー|リベリア社会民主労働党|アイルランド系|
|首相|サラ・スミス|人民革命党民主派|ムラート|
|議会議長|エレナ・グロース|人民革命党民主派|ムラート|
|議会|人民革命党民主派/リベリア社会民主労働党|リベリア人民戦線|多民族|

**リベリア民主人民連邦共和国
リベリア民主人民連邦共和国は、1959年2月17日にリベリア連邦共和国が改称して成立した国家。ユーラシア連邦の指導を受け、国内の安定と発展を目指している。
人民革命党民主派・人民革命党国内派左派・リベリア社会民主労働党の合併でリベリア統一革命党が成立。人民革命党国内派右派がリベリア民主党を結成。

|大統領|エマ・ジョンソン|リベリア統一革命党((旧社会民主労働党出身))|イングランド系|
|副大統領|アレクサンドル・パヴロヴィチ・ムロヴィンスキー|共産主義労働者党|ロシア系政治亡命者2世|
|首相|イリーナ・フォン・デア・ヴェルト|リベリア統一革命党((人民革命党民主派出身。カルマル統一共産党の党籍も持つ。元・駐リベリアのユーラシア連邦大使。))|カルマル系|
|内陸部高等弁務官|アンヌ・マリー・エスカール|リベリア統一革命党((ベネルクス出身のコミンテルン活動家。コミンテルンのリベリア支部委員長を務めている。))|ワロン系|
|上院議長|サラ・スミス|リベリア統一革命党((人民革命党国内派左派出身。))|ムラート|
|下院議長|エレナ・グロース|リベリア統一革命党((人民革命党民主派出身。))|ムラート|
|議会与党|リベリア統一革命党|議会野党|リベリア民主党|

*政治
**大統領
共和国の国家元首であり、首相の任免権と議会の解散権を持ち、首相と折半しつつも強大な行政権を有している。国民の直接選挙で選出され、任期は6年、3選禁止だが、社会主義宣言以降混乱が続いていたため、リベリア統一革命党議長のサミュエル・グレイザー氏が30年もの間、一貫して大統領を務めている。
[[1970年リベリア大統領選挙]]では、グレイザー氏が任期上限に達しているため出馬せず、新人4人の争いとなった。選挙の結果、旧リベリア社会民主労働党を創建して人民革命党との合同を推進したエマ・ジョンソン前上院議長が勝利した。

**首相

**連邦議会
***上院
上院の総議席数は25で、与党の[[リベリア統一革命党]]が21議席を占めている。統一革命党成立前は、人民革命党民主派7、人民革命党国内派左派6、社会民主労働党8。野党のリベリア民主党は4議席を持つ。民主党結成前は、人民革命党国内派右派3、自由民主党1。
内陸部に3議席、沿岸部に22議席。内訳は内陸部3議席を民主党が独占(人民革命党国内派右派)。沿岸部議席を統一革命党と旧自由民主党が獲得。
選挙制度は単記移譲式比例代表制(非拘束名簿式)。

***下院
下院の総議席数は75で、与党のリベリア統一革命党が69議席を占めている。統一革命党成立前は、人民革命党民主派36、人民革命党国内派左派11、社会民主労働党22。野党のリベリア民主党は6議席を持つ。民主党成立前は、人民革命党国内派右派4、自由民主党1、アメリカニスト党1。
内陸部に4議席、沿岸部に71議席。内訳は、内陸部4議席のうち4議席を旧人民革命党国内派右派系の民主党が獲得。沿岸部71議席を統一革命党、民主党(旧自由民主党とアメリカニスト党)が占める。
選挙制度は比例代表制(拘束名簿式)。

***政党
連邦議会に議席を有する政党は2つ。

|政党名|略称|党首|議会勢力|与/野党|主義|上院議席数|下院議席数|
|リベリア統一革命党|LERP|エマ・ジョンソン議長|リベリア民主人民戦線|与党|マルクス主義/プロレタリア民主主義|21議席|69議席|
|リベリア民主党|LDP|マイケル・ジェイソン総裁|リベリア民族同盟|野党|中道左派・新自由主義|4議席|6議席|

地方議会にのみ議席を有する政党は3つ。
|政党名|略称|党首|勢力|与/野党|主義|議席保有地域|保有総議席数/議員総数|備考|
|共産主義労働者党|KLP|アレクサンドル・パヴロヴィチ・ムロヴィンスキー責任書記|リベリア民主人民戦線モンロビア委員会|国政与党勢力|共産主義|首都及び沿岸3州|112/1000|リベリア統一革命党最左派学生組織が分離して成立|
|緑の党|GP|イヴァンカ・トゥーンベリ代表委員|緑の会|国政与党勢力|環境主義、中道左派|首都及び沿岸4州|85/1000|党首は元・旧リベリア社会民主労働党青年局女性部長|
|民族社会主義リベリア労働者党|NSLAP|アウグスト・テネー・ルドルフ・フォン・カッツラー総統|リベリア民族同盟|国政野党勢力|人種主義、ゲルマン主義、貴族制志向、ナチズム|沿岸1州|49/1000|強烈な反共主義者で、国際テロ組織「反共民族同盟」の有力支援者とされている。|


1969年以前の政党は、以下の図の通りである。

|政党名|略称|党首|議会勢力|合流先|主義|上院議席数|下院議席数|
|旧リベリア人民革命党民主派|LPRP-D|イリーナ・フォン・デア・ヴェルト委員長|リベリア民主人民戦線|リベリア統一革命党|マルクス主義・直接民主制・親連邦|7議席|36議席|
|旧リベリア人民革命党国内派左派|LPRP-DL|アルフレッド・ゼーンベルグ委員長|リベリア民主人民戦線|リベリア統一革命党|マルクス・レーニン主義/コミンテルン追従|6議席|11議席|
|旧リベリア社会民主労働党|LSDLP|エマ・ジョンソン代表|リベリア民主人民戦線|リベリア統一革命党|中道左派|8議席|22議席|
|旧リベリア人民革命党国内派右派|LPRP-DR|マイケル・ジェイソン議長|リベリア民族革命同盟|リベリア民主党|左翼ナショナリズム|3議席|4議席|
|旧自由民主党|LDP|アドルフ・シーン・ゾアー・べヒットラー総統|リベリアン・ナチズム戦線|リベリア民主党|ドイツ系移民権利拡大・人種主義・右翼|1議席|1議席|
|旧アメリカニスト党|AP|ジャスティン・テネー・ル・ペン代表|リベリア・リバタリアン同盟|リベリア民主党|親米・リバタリアン、フランス系移民権利拡大、右翼|0議席|1議席|

メンバーのみ編集できます