追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

ネーデルラント民主共和国は、南ネーデルラント地域に成立した共和制国家である。自由ベネルクス共和国から[[カルマル連合]]に割譲された領域を領土としている。カルマル連合の軍事基地が存在する。[[コミンテルン]]加盟国。一時フランス領ベネルクスとなっていたが、1959年2月、ユーラシア連邦領に復帰した。
ネーデルラント民主共和国は、南ネーデルラント地域に成立した共和制国家である。自由ベネルクス共和国から[[カルマル連合]]に割譲された領域を領土としている。トロツキーの暗殺によって事実上解体した[[ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国]]の実質的後継国として機能している。カルマル連合の軍事基地が存在する。[[コミンテルン]]加盟国。%%%現在はフランス領ベネルクスとなっている%%%(1959年2月、ユーラシア連邦領に復帰。)

|正式国名|ネーデルラント=ベネルクス評議会民主連邦共和国|
|首都|ハーグ|
|国家元首|フェルディナント・フォン・デア・デッケン連邦議長|
|国家元首|ベネディクト・フェル・デ・クラーク連邦議長|
|通貨|ユーロ|
|議会与党|ベネルクス民主人民戦線(ベネルクス共産党、ベネルクス労働党、ベネルクス社会党)|
|議会与党|ベネルクス共産党|

**概要
ユーラシア連邦に加盟する自由主義・社会主義国家である。カルマル連合軍の軍事基地や、ユーラシア連邦軍のミサイル基地が存在する。風車や魚介料理などが有名で、観光業が盛んである。

*歴史
**ネーデルラント独立戦争まで
ローマ帝国の時代からゲルマン人とラテン人の境界にあったネーデルラントでは、支配者が絶えず入れ替わり、政治権力が強くならない一方で、交易拠点として発展し、極めて大きな経済規模を有していた。スペイン=ハプスブルク朝も従来通りの統治を行なっていた。だが、カルロス1世の治世からカトリック強制や重税が課されるようになり、住民は強く反発。プロテスタント信仰を認める要求を行ったのちに、ネーデルラント側はホラント州を中心に独立宣言を行った。
**ネーデルラント独立戦争
独立宣言を発布したネーデルラント26州はユトレヒトで同盟を結成し、イングランド王国やカルマル同盟などの新教国や、反ハプスブルクのフランスから支援を受け、神聖ローマで発生した30年戦争を経て、1648年のウェストファリア条約で、独立を達成する。
**独立〜民主主義革命
独立後はオラニエ公による事実上の世襲が続いていたが、18世紀末ごろ、啓蒙思想の流入によってネーデルラント貴族が蜂起。1794年、都市富裕市民と結びついてネーデルラント民主共和国を建国した。
**普選運動〜社会主義革命
民主共和国が建国されたものの、富裕層による制限選挙で選ばれた政府による寡頭支配は続いた。19世紀に入ると産業革命の波がイギリスやカルマルから波及し、労働者が増加。力をつけ始めた労働者は1857年に労働党を結成。これに都市中産階級が作った社会党が共闘し、普通選挙運動が高揚する。
一方、労働党や社会党を生温く感じる知識人もいた。彼らはカルマル同盟留学中に社会主義思想に触れ、帰国後はサークルを作って活発に活動した。その中の一つは共産党を結成し、社会党左派を吸収して勢力を伸ばした。
1917年、カルマルが社会主義化すると、共産党、社会党、労働党は連携を強め、1931年にはベネルクス民主人民戦線を結成。議会進出もして3割の議席を占めるなど健闘した。けれども、選挙権は未だ直接納税額で決められており、労働者でも選挙に参加できるのは半数程度だった。これに不満を覚えた労働者たちは、男性普通選挙を求めて活動する。この運動に待遇改善を求める女性労働者や急進派学生、汚職政治家に抗議する知識人などが合流し、大きな革命運動へと発展した。民主人民戦線は1942年6月12日、アムステルダムで革命政府樹立を宣言し、翌13日には自由ベネルクス共和国側のアムステルダム自由市政府が降伏し、社会主義化が達成された。以後、現在に至るまでベネルクス民主人民戦線が一貫して与党の座にある、ベネルクス評議会民主連邦共和国が維持されている。

*政治
連邦共和国は、3つの共和国と36の自由州からなる連邦国家であり、各州の評議会で選挙された代議員が連邦政府を運営する。

**連邦議長
連邦議長は連邦共和国の元首であり、各共和国及び各州の代議員で構成される連邦元老院から選出される。政治的権限はなく、象徴的存在。
現在の議長はフェルディナント・フォン・デア・デッケン氏(労働党)。

**連邦首相
連邦首相は連邦共和国の行政府の長であり、人民の直接選挙によって選出される。評議会解散権はないが、非常時の軍指揮権など権限は強大。
現在の首相はアレグザンダー・ヒース氏(共産党)。

**連邦元老院
連邦元老院は連邦議会の上院であり、各共和国及び各州の代議員で構成される。元老院議員は、各共和国及び各州の評議会で選挙される。連邦評議会の議決を審議することができるものの、実権は大きくない。
現在は100議席全てをベネルクス民主人民戦線が占めており、その内訳は共産党40、社会党20、労働党40である。
**議会上院

**連邦評議会
連邦評議会は連邦議会の下院であり、代議員は人民の直接選挙によって選出される。立法権を有し、連邦の最高機関でもある。
現在は350議席全てをベネルクス民主人民戦線が占めており、その内訳は共産党150、社会党50、労働党150である。
**議会下院

メンバーのみ編集できます