大日本帝国連邦憲法とは、大日本帝国連邦の憲法(連邦法)。欽定憲法であり、また改正が容易でない硬性憲法である。

内容

第一章 天皇

  • 第一條
    • 大日本帝國聯邦ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス
    • 二、皇位繼承ハ別途定メタル皇室典範ニヨリ之ヲ定ム
    • 三、此地位神聖ニシテ全日本臣民之ヲ侵スヘカラス
  • 第二條
    • 天皇ハ統治權ヲ總攬ス
    • 二、内閣ハ大政ヲ輔弼シ天皇ノ行政的責任ハ總テ内閣ニ歸屬ス
  • 第三條
    • 皇室典範ノ規定ニ依リ攝政ヲ設置セル場合ハ天皇ノ名ヲ以テ攝政統治ヲ行フ
  • 第四條
    • 天皇ハ帝國議會ノ推薦ニ基キ内閣總理大臣ヲ任命シ又内閣總理大臣ノ指名セシ國務大臣ヲ任命ス
    • 二、天皇ハ内閣ノ推薦ニ基キ最盧枷十蠶拘吋鯒ぬ織
  • 第五條
    • 天皇ハ帝國議會ノ協贊ヲ以テ立法權ヲ行使ス
    • 二、天皇ハ帝國議會ヲ招集ス
    • 三、天皇ハ帝國議會ノ開會閉會停會及衆議院ノ解散ヲ宣言シ其選擧ヲ監督ス
    • 四、天皇ハ帝國議會ニテ議決サレシ法律ノ新設及改正ヲ公布ス
    • 五、天皇ハ公共ノ安全ヲ保持シ又ハ其ノ災厄ヲ避クル爲緊急ノ必要ニ由リ帝國議會閉會ノ場合ニ於テ法律ニ代ルヘキ敕令ヲ發ス
    • 六、此ノ敕令ハ次ノ會期ニ於テ帝國議會ニ提出スヘシ若議會ニ於テ承諾セサルトキハ政府ハ將來ニ向テ其ノ效力ヲ失フ
    • 七、敕令ヲ以テ既存ノ法律及政令條例ヲ變更スル事能ハス
  • 第六條
    • 天皇ハ裁判ヲ監督ス
    • 二、天皇ハ大赦、特赦、減刑及復權ヲ行フ
  • 第七條
    • 天皇ハ内閣及帝國議會ノ輔弼下ニ諸般ノ條約ヲ締結シ批准書ヲ認證ス
    • 二、天皇ハ法律ノ定ムル親補職ヲ任命シ罷免ス
    • 三、天皇ハ全權委任狀及大使信任狀、公使信任狀ヲ發行ス
    • 四、天皇ハ外國ノ大使及公使ヲ接受ス
  • 第八條
    • 皇室ハ各種儀式ヲ行フ
    • 二、天皇ハ各種榮典ヲ授與ス
    • 三、皇室ニ對スル財產授受ハ帝國議會ノ議決ニヨリ之ヲ定ム
  • 第九條
    • 天皇ハ御前會議ノ輔弼下ニ陸海空軍ヲ統帥ス
    • 二、御前會議ヲ内閣總理大臣、内閣官房長官、外務大臣、防衞大臣、陸軍參謀總長、海軍軍令部部長ニヨリ構成シ又必要ナル場合他國務大臣及其他有識者ノ臨席ヲ認ム
    • 三、天皇ハ國會ニ於テ議員ノ提出セル對外宣戰ニ對シ出席議員ノ内三分ノ二同意セル場合ニ詔書ヲ渙發セラレ戰ヲ宣ス
    • 四、天皇ハ第七條一ノ規定ニ基キ内閣ノ輔弼下ニ和ヲ講ス
    • 五、天皇ハ敵軍ノ侵攻ヲ受ケシ地方自治體ニ對シ戒嚴ヲ宣告シ其行政全般ヲ軍政ニ移行セシメル事ヲ得

第二章 聯邦規則

  • 第十条
    • 大日本帝国連邦ハ複数ノ構成国ヲ以テ一国トス
    • 二、構成国ハ別途法令ヲ以テ之ヲ定ム
  • 第十一条
    • 大日本帝国連邦ノ構成国ハ総テ天下ニ平等ナルヲ旨トス
  • 第十二条
--

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家群

東・東南アジア及び太平洋

南・西・中央アジア

南米

東アフリカ

同盟群

地域同盟

広域同盟

解消した同盟


戦争

掲示板

メンバーのみ編集できます