大韓帝国(英:Empire of Korea)は、大日本帝国連邦を構成する5つの君主国のうちの一つ。

歴史

朝鮮の興りは、紀元前2333年に建国されたとされる「檀君朝鮮」である。この話が後世の創作だと主張する向きもいるが、朝鮮においては朝鮮史を形作る重要な1ページとされており、檀君朝鮮の建国を元年とする「檀君紀元」(壇紀)という紀元を作って使用している。この檀君朝鮮は、実在したならば朝鮮人国民国家である可能性が高いとされているが、この次に成立する箕子朝鮮は中国がその起源であり、以後朝鮮と中国遼寧地方は「楽浪郡」として歴代中華王朝に隷属することになる。朝鮮人にとって中華王朝に隷属することは出世の道であり、長く朝鮮人のナショナリズムは無意識のうちに葬り去られていた。近代国民国家としての朝鮮人のナショナリズムの勃興は、19世紀後半まで待たねばなるなかった。鎖国政策を取っていた李氏朝鮮は、同じく鎖国政策を取っていたが清の冊封体制から脱し近代化をした日本により開国させられたことから、親露反日(事大主義)・媚中反日露(冊封体制)・親日反露(開国路線)の3つの選択肢で分裂する。この時朝鮮が選んだのは、李氏朝鮮を存続させつつ、朝鮮国民国家「大韓帝国」を成立させることであった。しかし、日本の影響は日清、日露の両戦争を通じてさらに高まり、1910年には日韓併合条約により併合されるに至った。併合当時は日本の「外地」として植民地統治を受けたものの、帝国大学の設置や公共インフラの整備など従来の西欧型植民地統治とは一線を画す部分も見られた。それでも朝鮮人民の独立意欲は収まらず、

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家群

東・東南アジア及び太平洋

南・西・中央アジア

南米

歴史消滅国家群

各国の組織・企業等

同盟群

地域同盟

広域同盟

解消した同盟

戦争

テロ組織一覧

コミンテルン加盟国

メンバーのみ編集できます