性能諸元
全長5.6m
全幅2.33m
全備重量15.6t(チハ)
16.6t(チヘ)
20.5t(チト)
速度42km/h(チハ、チヘ)
40km/h(チト)
行動範囲210km
主砲九七式五糎七戦車砲?×1(チハ)
一式四十七粍戦車砲×1(チヘ)
四式五十七粍戦車砲×1(チト)
副武装九七式車載重機関銃?×2(前期生産型)
一六式汎用機関銃?×2(後期生産型)
エンジン統制型ディーゼル 出力240馬力
(空冷4ストロークV型12気筒)
乗員4名
九七式中戦車 チハは、1930年代後半に開発された大日本帝国連邦陸軍の主力中戦車。その基礎設計の優秀さから多くの派生型が生まれ、日本戦車としては最多の生産量を記録している。先代の八九式中戦車?と同じように、戦場では「皇軍の鉄牛」と呼ばれて重宝された。中華民国とシャムを中心に2,000輌程度が輸出されている。
 

概要

八九式中戦車?で戦車の基礎的なノウハウを習得し、九五式軽戦車?の運用を通じて戦車の突破力を実感した帝国陸軍は、さらなる新型戦車の開発に乗り出した。用途は歩兵支援と挺進(主力部隊よりも戦線前部に突出し、威力偵察や要地占領を行うこと)で、この任務に適する主砲を搭載することや、八九式の反省から速度性能はトラックの行軍に追従できる時速40キロを発揮することが求められた。装甲は当時の主力対戦車砲であった37mm級の速射砲弾での射撃に耐えること、また戦車同士の連携を取るためにアンテナと搭乗員用の無線通信機を備えることなどが要求された。この要求の下、帝国陸軍では珍しく複数社に発注する競争試作を行い、三菱重工によって15t級の戦車(試製チハ)が、大阪陸軍造兵廠によって10t級の戦車(試製チニ)が、日立製作所によって20t級の戦車(試製チホ)がそれぞれ試作された。試製チニは10t級の軽戦車で、装甲は最大25mmと求められたものが搭載されていたがその発揮できる速力は平地でも時速30キロ程度であり、また砲塔が極めて狭い1人乗り用のものであったことから砲塔に機銃が搭載できないなどの不具合が露呈し、不採用となった。一方試製チホは20t級と大型の戦車で、主砲は他の戦車が57mm砲を搭載していた中75mm砲の九四式山砲?をそのまま搭載する設計であった。また乗員も1人増えて5名となり、ゆとりと拡張性のある設計は評価されたが生産性を考慮して不採用となった。結果、採用されたのは大阪陸軍造兵廠の試作したチハ車であった。諸々の性能試験を経た後、試作から4か月後の1937年10月に制式採用された。制式名称は皇紀2597年に採用されたことから九七式中戦車である。

設計

火力

詳細は九七式五糎七戦車砲?を参照

装甲

装甲は基本的に、浸炭処理をされた表面硬化鋼で構成されている。前面・砲塔装甲厚は当時の日本の37mm級主力対戦車砲である九四式三十七粍速射砲?の射撃に150mから耐えることが目標とされ、25mmの装甲厚が確保された。その他の主要装甲部は歩兵用の小銃や機関銃に至近距離から耐える程度とされ、至近距離での12.7mm機関銃耐弾試験を行って20mmの装甲厚とされた。上面装甲は10mm、底部装甲は8个任△蝓空からの襲撃や対戦車地雷の爆発には基本的に無力であった。これら装甲板は基本的にリベット留めである。しかし、この装甲厚は本車が初めて実戦投入された安直紛争(安徽軍閥と直隷軍閥の紛争)において、ロシアの45mm対戦車砲によって容易く貫通されたことから急遽前面に20mmの増加装甲が施されることとなった。また後期生産型からは対戦車ライフルや穿孔榴弾(HEAT弾)に対応するため側面に6亳の追加装甲(シュルツェン)を装備した。

機動性能

前年の1936年に制式採用された統制型ディーゼルエンジンを採用し、出力240馬力を発揮する。これによって得られる速度性能は時速42キロであり、これは前級の八九式中戦車?はおろか軽戦車の九五式軽戦車?すらも上回るものであった(このことから翌年には速度性能をより高めた九八式軽戦車?の採用が決定する)。サスペンションは原乙未男が1934年に開発したシーソー式連動懸架であり、転輪の数は6個である。エンジンやトランスミッションは日本の権益地であった満洲においての行動を想定し、その冬はマイナス30〜40度にも達する環境の中でも良好な走破性能を求められた。実際、1938年に行われた北満走行試験においてはマイナス32度という過酷な環境の中エンジン出力は2000rpmを記録し、最高速力の42キロも容易に発揮した。

運用

最初は主に中華大陸に展開する独立混成第1旅団、第11旅団などの混成機甲部隊に配備され、騎兵部隊と共同して支那事変での機動戦力の中核を担った。その後、戦車師団が編成されると、1個戦車連隊に60輌配備される主力戦車となり、第二次世界大戦?の欧州派遣軍(遣欧軍)の基幹機甲兵力となった。チヘ、チトと改良型が開発されるにしたがって改造と置き換えが進められ、1945年時点で欧州に展開している戦車師団の内訳は3割がチト、7割がチヘであった。最終的に本型式は派生型を含め合計で17,000輌程度が製造され、名実ともに日本軍を代表する戦車となった。1946年に六式重戦車が開発されると主力戦車の座を譲り、戦車師団の中核としては第一線を退いたが、六式重戦車が当時の本土のインフラで運用するには大重量すぎたことなどから本車はその軽量さを活かして本土の混成旅団や歩兵師団の戦車隊、捜索連隊を中心に配備され続けた。派生型の自走砲は戦車型のように一線を退くことなく、戦車師団の中距離火力を担い続けた。しかし、1955年に後継の一五式中戦車が、58年には自走砲型の一八式十五糎榴弾砲がそれぞれ採用されると置き換えが始まり、1962年には実戦部隊から完全に引退した。その後も教導部隊を中心に教練用の戦車として配備されていたが、老朽化や一五式中戦車との操作性の違いなどからこれも1968年には引退した。現在は靖国神社の遊就館や習志野陸軍戦車学校など、12輌が内地の陸軍関連施設や招魂社などで保存展示されている。また、中華民国に供与されたうちの1輌が「功臣号」として北京の陸軍博物館に展示されている。
帝国陸軍の近代化と機械化に大きく貢献し、世界大戦に参戦し、30年にわたって陸軍戦車隊を支え続けたその功績は大きなものであり、三八式歩兵銃とともに「一等国日本」を象徴する兵器となっている。

派生型

一式中戦車 チヘ

制式採用直後の第三次バルカン戦争にて生起した戦車戦の戦訓や、日本が参戦した支那事変の戦訓などにより、現行の歩兵用速射砲であった九四式三十七粍速射砲?やチハ車の装備する歩兵支援用の57mm砲では敵戦車に対応し難いということが明らかになり、新型砲が開発されることになる。こうして1941年、37mm速射砲の口径を拡大し手直しを加えた一式四十七粍速射砲が制式採用された。チハの車体に、この砲を戦車砲に手直しした一式四十七粍戦車砲を装備した新型の六角形砲塔を搭載したのが一式中戦車 チヘである。一式四十七粍戦車砲は48口径の対戦車砲で、射距離500mで浸炭処理された防弾鋼板45mmを通常の徹甲弾で貫通した。タングステンを使用した47mm硬芯徹甲弾で射撃した場合、52mmの貫通力が得られる。これは当時のイタリア主力戦車P40の前面装甲を500m以下の距離から貫通するものであった。更に、この生産型から前面装甲が40mmの一枚板となり、あわせて砲塔装甲も50mmに増厚された。

四式中戦車 チト

一式四十七粍速射砲の採用はあくまで繋ぎに過ぎず、帝国陸軍内では口径57mmの新設計の速射砲を本命と見ていた。こうして開発され、1944年に制式採用されたのが四式五十七粍速射砲である。これの戦車砲バージョンである四式五十七粍戦車砲を大型化した砲塔に搭載したものがこの四式中戦車 チトである。四式五十七粍戦車砲は56口径の対戦車砲で、射距離500mで浸炭処理された防弾鋼板75mmを、1000mで65mmを通常の徹甲弾で貫通した。タングステンを使用した57mm硬芯徹甲弾で射撃した場合、最大90mmの装甲を貫通することができた。これは当時、世界最強とも言われていたロシアの中戦車T-34の60度傾斜した45mm装甲を500m以下の距離から貫通することができた。世界の趨勢にあわせて装甲も増強され、車体前面は一枚板の45度傾斜した75mm装甲となった。砲塔の装甲にも15度の傾斜がつけられた上に前面75mm、側面・後面50mmの装甲が施され、車体側後面装甲は35mmと大幅な増強が行われた。更にそれまでリベット留めであった車体が溶接工法に変更され、砲を肩にあてて照準する従来の方式を廃して主砲同軸機銃を配備するなどの改良がおこなわれた結果、本車は初代チハとは全く別物と言ってよい戦車に進化した。重量は20tを超え、その割を食って速力は若干低下したものの、時速40キロと機甲師団の主力を担うには十分な速度だった。

二式砲戦車 ホイ

一式中戦車チヘの砲塔に、九四式山砲?を改修した一式七糎半戦車砲を搭載したもの。初代チハの57mm砲による歩兵支援火力を更に強化する目的や、自走山砲として間接射撃によって部隊の進撃支援を行う目的で開発された。生産されたものは主に歩兵戦車として、歩兵連隊の戦車大隊に配備された。1943年に穿孔榴弾(タ弾)が実用化されると、本車は対戦車戦闘も行えるようになり、距離にかかわらず100mmの装甲を貫通することができた。しかし、75mm級の砲が野戦砲として陳腐化して来たことから本車は徐々に一線を退いた。後継には一三式軽戦車?がある。

四式十糎自走砲 ホロ

それまで機甲部隊の砲兵部隊には機動砲と呼ばれるゴムタイヤを装着した野砲や榴弾砲を牽引車で牽引したものを配属していたが、戦車や歩兵輸送車の能力が向上するにつれて部隊への随伴に支障を来すようになった。そこで砲兵部隊の主力である十糎軽榴弾砲と十五糎重榴弾砲を自走化して配備することとなった。このうち十糎砲を装備した自走砲が本車である。基本的に正面戦闘は考慮しない設計とされたが、タ弾の実用化に目途がついたことに伴って設計が見直され、前面装甲は据え置きとされた。タ弾を用いた場合距離にかかわらず120mmの装甲を貫通することができる。実戦では主に戦車師団の砲兵連隊に配備され、近距離の支援火力として運用された。

五式十二糎自走砲 ホハ

一式中戦車チヘの砲塔に、海軍の開発した短十二糎砲(12口径12cm砲)を搭載したもの。主にトーチカや陣地破砕に用いられる軽工兵戦車として開発された。戦車師団に附属する工兵連隊の戦闘工兵中隊に配備され、野戦での陣地破砕の他に市街戦で家屋やビルを破壊するのにも用いられる。本車に搭載された短十二糎砲は榴弾、徹甲弾、タ弾の他に海軍の開発した三式弾の射撃も可能であり、その炸裂する弾子は曲射による対歩兵戦闘では大きな威力を発揮した。タ弾を用いた場合は距離にかかわらず140mmの装甲を貫通することができる。

五式十五糎自走砲 ホニ

前述の経緯により機甲部隊の砲兵連隊を自走化するため開発された自走砲のうち、九六式十五糎榴弾砲?を装備するものである。中には十五榴の代わりに十加(九二式十糎加農砲?)を装備するものもあったが、反動の大きさや車体の不安定さなどにより少数にとどまった。タ弾を用いた場合、距離にかかわらず150mmの装甲を貫通することができる。実戦では主に軍直轄の軍砲兵(略符号:SA)に配備される野戦重砲兵旅団の主力として運用され、中距離の支援火力を担った。後に野戦重砲兵として長砲身15cm砲(一三式十五糎榴弾砲?)が実用化されると本車は戦車師団の砲兵連隊に転属し、遠距離化する対砲兵戦を戦った。

特三式内火艇 カチ

九五式軽戦車?を基にした特二式内火艇?に引き続き、強襲揚陸作戦に投入することを目的とした陸海共同開発の水陸両用戦車である。本車は強襲揚陸艦や戦車揚陸艦からの発進のほかに潜水艦からの発進も想定しており、海兵旅団の他に輸送潜水艦を使用した強襲揚陸を行う特殊旅団にも配備された。砲塔の設計は重量と寸法の関係から一式中戦車チヘを基にしており、その砲塔に搭載することのできる短十二糎砲を装備したホハ仕様のものも存在している。前級に比べるとシュノーケルの装備や浮舟の設計見直しなどによって水中性能が向上し、前級の水上9.5km/hに対して12km/hを発揮することが可能である。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家群

東・東南アジア及び太平洋

南・西・中央アジア

南米

歴史消滅国家群

各国の組織・企業等

同盟群

地域同盟

広域同盟

解消した同盟

戦争

テロ組織一覧

コミンテルン加盟国

掲示板

メンバーのみ編集できます