Сибирь
基本情報
艦名シベリア(Сибирь)
建造所ペトロパブロフスク ‐カムチャツキー
運用国ロシア・ツァーリ民主共和国連邦
艦種原子力空母
艦級モスカウ級空母
要目
基準排水量71,429t
全長356.6 m
最大幅90.9 m
喫水11.0 m
主機原子力推進式エンジン6基
蒸気タービン3基
7翼ハイスキュード・スクリュープロペラ2軸
航続距離30,522海里
速力30kt
兵装短SAM 3基
20mm機関砲
試作バルカン20mm砲
対潜ミサイル発射機3基
対潜ミサイル33発
対潜核ミサイル10発
短魚雷発射機4基
短魚雷25発
チャフ30発
マスカー
レーダー長距離高周波レーダー
艦載機の最大機数100機

概要

・シベリア級はモスカウ級原子力航空母艦の2番艦として建造され、ロシアの3隻目の国産原子力航空母艦となった。建造後この艦は太平洋方面海上強化のために第7太平洋艦隊の旗艦を務めている。
・更新履歴
第1次改修 対潜ミサイル、試作バルカン法を配備
第2次改修 チャフの配備
第3次改修 艦載機の最大機数を98機から100機に拡張
第4次改修 速力の向上
第5次改修 長距離高周波レーダーを設置

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

国家群

東・東南アジア及び太平洋

南・西・中央アジア

南米

歴史消滅国家群

各国の組織・企業等

同盟群

地域同盟

広域同盟

解消した同盟

戦争

テロ組織一覧

コミンテルン加盟国

メンバーのみ編集できます